Googleアナリティクスの設定方法とWordPressにトラッキングコードを設置するやり方

トレンドアフィリエイトを実践する場合WordPressブログで構築することをおすすめしていますが、検証・分析用にアクセス解析の設置は必要不可欠です。

今回は、私も使っているGoogleアナリティクス(Analytics)の設定方法とトラッキングコードをWordPressに設置するためのやり方についてご紹介します。

なお、GoogleAnalyticsは、Googleアカウントさえあれば、無料で使えます。

 

Googleアナリティクスの設定画面からサイト設定用アカウント作成

アナリティクスの画面から、左下の「管理」をクリックすると、管理画面にいきます。

 

アカウントのプルダウンリストから、「新しいアカウントを作成」を選択して、新しく設置するWordPress用のアカウントを作成します。

 

なお、私はサイト作成ごとに、アカウントを作成しています。Googleアナリティクスは100個までアカウント作成できますので、基本は1サイト(ブログ)=1アカウントで良いかと思います。

 

アナリティクスの新しいアカウント設定画面

以下の情報をいれていきます。

 

 

トラッキングの対象→ウェブサイトを選択

アカウント名→自分が判別できる名前なら何でもOK

ウェブサイトの名前→基本はブログ名

ウェブサイトのURL→WordPressブログURL(SSL化しているなら、httpsに変更する)

業種→ブログのジャンルに合ったもの(私は割りと適当です)

レポートのタイムゾーン→日本に変更

 

データ共有設定は、特に気にせず「全チェック」のままトラッキングIDの取得へ

 

アナリティクスのトラッキングコードをWordPressに設定する

トラッキングIDを取得したら、以下のような画面になりますので、これをWordPressブログの方に設定することで、ブログのアクセス解析が出来るようになります。

 

トラッキングIDを挿入するだけのWordPressテーマ

WordPress設定方法には大きく分けて3通りありまして、WordPressテーマによっては、カスタマイズ画面で、(1)のトラッキングIDだけを入力するフォームを用意してくれているテーマがあります。

有名無料ブログテーマ「Simplicity」の場合ですと、コードを入力するだけの簡単設定ができます。

https://wp-simplicity.com/initialization/

 

また私個人が、惚れ込んでいて、おすすめの有料ブログテーマ「STORK」でも、以下のようにテーマカスタマイズ画面から、コードを入れるだけで設置ができます。

 

またアナリティクスの解析コードではなく、<head>タグの入力フォームだけ用意してくれているテーマもあります。その場合は、(1)トラッキングIDだけじゃなく、(2)のトラッキングコードを全てコピペして設定する必要があります。

 

上記のSTORKは、アナリティクスのコード以外にも、headタグの入力フォームが用意されています。

 

header.phpファイルを編集してトラッキングコードを挿入する

 

上記のように、外観→カスタマイズで簡単に設定できるようにはなっていないWordPressテーマの場合には、headerのphpファイルを編集して、コードを挿入する必要があります。

外観→テーマの編集から

 

WordPressテーマによっては違う可能性がありますが、大体は、「header.php」ですので、そのファイルを編集します。

 

 

<head>

この中にAnalyticsのトラッキングコードを挿入します。

</head>

</head>が終了タグなので、この直前に挿入する事が多いです。

 

それでファイルを更新すれば終了です。なお、この方法は、Googleサーチコンソールの所有者承認設定のときにも使います。

WordPressのphpファイルは、下手にいじると、ちょっとしたコードのミスでエラーになって、WordPressが真っ白!とかエラーになったりして、ビビリます。phpの編集は、慎重に行ってください。元のファイルをバックアップとっておくと安心です。

 

 

WordPressのテーマを変更した場合のアナリティクスのコード挿入の注意点

 

また今までご紹介してきた方法って、WordPressテーマを変更した場合に「設定がクリア」になってしまうんです。

Simplicityにしてたけど、STORKが気に入ったからSTORKに変更した!という場合には、新たにまたSTORKのカスタマイズ画面で、アナリティクスのコード設定が必要になるんですよね。

またheader.phpの編集もテーマごとのファイルになりますので、テーマ変えたら今まで設定してきたコードは全てナシになってしまいますので、テーマ変更時にはご注意ください。

 

Analytics系コードはプラグインで設定するのが安心かも?

テーマおたくの人はテーマをあれこれ変えたくなります。←私です。

そんな時に毎回、Analyticsのコードの設定もし直すのは超~めんどくさい。

最近は、STORKに惚れてますので、ほとんどSTORKなのですが、また変更することだってあるかもしれません。

 

というわけで、「All in One SEO Pack」プラグインは常備しますので、ここに入れるのが管理は楽かも~と最近思っています。

All in One SEO Pack

 

All in One SEO Packなら、設定の所に、AnalyticsのトラッキングID入れるだけです。

 

 

この記事はお役にたてたでしょうか

ブログランキングに参加しています
応援クリックしていただけると励みになります~


アフィリエイト ブログランキングへ

メルマガでは月5万円稼ぐブログの作り方講座を配信しています。
ご興味があれば登録お願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)